2018年12月23日日曜日

COBRAアップデート 拡散希望!光の帰還の活性化瞑想



COBRAアップデート 

拡散希望!光の帰還の活性化瞑想 日本時間2019年1月21日14時11分
http://2012portal.blogspot.com/2018/12/make-this-viral-return-of-light.html


再び行動する時が来ました。
世界の運命を自分たちの手中に収める時です。
地球解放の過程に時間がかかりすぎていることは、誰しもが認めるところです。
この過程を集団的に早めるチャンスです。
1月20日・21日の完全月食の機会を利用してポータルを設定し、私たちの意識を統合して地球周囲のエネルギーフィールドを啓蒙しましょう。

本件を拡散してください。
世界中に広めてください。
皆さんのウェブサイトやブログに掲載してください。
スピリチュアル関連グループに参加を呼び掛けてください。
代替メディアをご存知でしたら、そちらにも送ってください。
皆さんの周囲で参加される地元のグループ用にフェイスブックのイベントを設定しましょう。
このイベント用に中心となるフェイスブックのグループも一つ設定してください。
動画を作成してYoutubeに掲載してください。

集団瞑想が人間社会にポジティブな効果を与えることは科学的に証明されています。
つまり、この瞑想に参加される各人は、イベントを発生させて完全開示に到達する役割を現実的に担っているわけです。
https://note.mu/nogi1111/n/n222f6d2d9939

http://www.worldpeacegroup.org/washington_crime_study.html


この瞑想は、光の勢力が地上に光のエネルギーを定着させて、光の勢力と闇の勢力間の暗礁を解消し、遂に人類の解放を支援することにあります。
この過程を加速化させるためには、この瞑想を実行する人数が、地上の人間が有するパワーの中で唯一かつ最大の影響要因です。

この瞑想の臨界数の144,000人を達成しましょう。
これによって、世界中のエネルギーフィールドで大規模な癒しの連鎖反応を引き起こします。
光の勢力は、今回の月食で完全に覆われるアメリカ大陸全体(北米と南米)に注力します。
https://www.timeanddate.com/eclipse/lunar/2019-january-21




この瞑想の占星術チャートによると、月と月の交点が強力なグランドスクエアを形成し、太陽と水星がオポジションとなり、本チャート上で天王星、エリス、パラス、複数の惑星が銀河中心やプレアデスやシリウスと数多くの強力なアスペクトになります(合計で約20個のアスペクト)。
この強力な配置で、宇宙規模の大ブレークスルーによって解放されることになる緊張点が最高潮に達します。

その時点で宇宙のセントラルサンが、万物全てに対して巨大な光の鼓動を送ります。
この鼓動は、万物から全ての闇の最終的除去開始の引き金を引いて、新たな宇宙のサイクルの準備の開始点となります。

光の勢力は、当日に特定の計画を持っています。
この計画は、瞑想完了後に初めて開示されます。

この瞑想の目的は、地上にできるだけ多く光を定着させることです。

瞑想の日時は、月食が最大となる瞬間に行います。
ニューヨーク(1月21日午前00時11分EST、
東京(1月21日午後2時11分)、
台北・北京(午後1時11分CST)、
カイロ(午前7時11分EET)、
パリ(午前6時11分CEST)、
ロンドン(午前5時11分GMT)です。

米国中西部は1月20日(日)で、
シカゴ(午後11時11分CST)、
デンバー(午後10時11分PST)、
ロサンジェルス(午後9時11分PST)です。

こちらのタイムゾーン換算表があります。
https://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=RETURN+OF+LIGHT&iso=20190121T001111&p1=179



瞑想指示

1.自分なりのやり方で、リラックスした意識状態に持ってゆきます。

2.この瞑想を、地上に光をもたらすための手段として行うことを意思表示します。

3.宇宙のセントラルサンから、白く輝く光の柱が発せられて、宇宙の全ての銀河にあるセントラルサンに配給されることを視覚化します。
次にこの光が、銀河のセントラルサンを通り、アルシオーネにあるプレアデスのスターゲートを通って、シリウスのスターゲートを通り、我々の太陽系に入り、太陽系内の全ての光の存在を通って、惑星地球の全ての生命体と皆さんのカラダを通って、地球の中心に届くことを視覚化します。



4.この光が、宇宙に光だけが残るまで残存するすべての闇を変容させることを視覚化します。
新たに大きな宇宙のサイクルが開始して、純粋な光と愛と幸福が宇宙全体の全ての生命体にもたらされることを視覚化します。

5. 手を頭上に上げて、時計回りに回転し始めます。

6.「イー」というマントラを唱えて自分のカラダ全体を振動させ、自分のカラダが輝く光の柱に変化し行き、その光の柱の中で数百万の虹色の星が散りばめられていることを視覚化します。

7.マントラを唱えて回り続けます。数分後に両手を下に降ろして、時計回りに回転を続けます。

8.その間、マントラの「エー」を唱えて自分のカラダを振動させ、自分のハートから虹色の光の渦が地球全体に広がって行く様子を視覚化します。

この虹色の渦は、皆さんのツインソウル、ソウルメイト、ソウルファミリー、スピリチュアルガイド、アセンデッドマスター、プレアデス人、エンジェル、イルカその他の光の生命体の降臨への呼びかけとなります。
皆さんのツインソウル、ソウルメイト、ソウルファミリーが目覚めて、皆さんと一体となり、光のマンダラで一つ(One)の生命体となることを可視化します。

瞑想時間は20分間としてください。

女神は光を望みます。
そして、光はもたらされます。

光の回帰瞑想の更新はこちらで行います。
2012portal.blogspot.com


翻訳::Terry

音楽:Thomas Bergersen-Colors of Love(Sun)


2018年12月20日木曜日

アルシオン・プレヤデス39-2 (音声付き):偽メシア、ウィリアム王子の結婚、バンク・オブ・アメリカ、デンバー空港



編集注: より見やすくなるよう、内容を充実させ、音声を入れて編集し、再公開した新しいドキュメンタリーです。

大いに議論を呼ぶものとなっているこの重要なテーマを続けるが、無知のために、今やそれが新たなライフスタイルになっており、立場を明確にすることが、この上なく急を要すると考える。

というのも、これはエイリアン-悪魔崇拝者らが行っている最後の闘いであるからだ。

そうして、そこに潜む悪に全く気付かずにいる、何百万もの罪のない人々の肉体やマインド、心理を支配するために。

だがこのことに加えて、獣のカバラである666が振動する年、2016年を私達が迎えていることに留意しよう。

それゆえ、彼らはさらなる被害をもたらし、より直接的な形で人類にその正体を示そうとしているのだ。

なぜならその新世界秩序のみならず、その新世界宗教も彼らにとって急を要するためだ。

たとえ多くの人々が、その偽の教義の背後に存在するものを知らないにせよ、それこそが、彼らの主要な目的なのだ。

なぜなら彼らは既に、経済や人口削減、科学技術を介して、同じくまた彼らが狡猾にも地球工学とか、地政学、社会工学と呼ぶもの全てをもって、既に世界を支配しているからだ。今や魂を決定的な形で支配し、掌握することが、彼らの主要な目的である。

2018年12月16日日曜日

拡散希望!冬至瞑想 12 21 2018



[世界同時瞑想]
拡散希望!冬至瞑想 12-21-2018 (日本時間12月22日午前7:23~)

導かれた方は是非ともご参加のほどお願い申し上げます。

元記事: www.welovemassmeditation.com

12月21日 10:23 PM UTC (日本時間12月22日午前7:23) の冬至の時が近づいています。

北半球においては、太陽の南中高度が最も低く、一年の間で昼が最も短くなる日であり、冬の始まりを告げる日となります。

南半球においては、太陽の高度が最も高く、一年の間で昼が最も長くなる日であり、夏の始まりを告げる日となります。

Winter Solstice – Shortest Day of the Year 

COBRAから伝えられたように、この惑星地球のためのアセンションの窓は1975年5月25日に開き、そして2025年7月7日に閉じます。

この窓の枠内で闇の初期異常を浄化し、イベントを引き起こすことは常に光の勢力の計画でした。

そして、その計画に変更はありません。

アセンション・プラン
prepareforchange-japan.blogspot.com

Personal Notes from Ascension Conference Sao Paulo peterpansblog.wordpress.com
(訳注: 上の記事は今月上旬に開かれたCOBRAのサンパウロ会議ノートです。以下は別のサンパウロ会議ノート日本語訳です。)
https://note.mu/nogi1111/n/n1f24a77436c3

1975年から2025年の時間枠で、12月の至になる毎に太陽系は銀河面と一直線上に並びます。

つまり、銀河のセントラルサンとも直列します。

その結果、12月の至になる度に私達はセントラルサンからのエネルギーの閃光を浴びているというわけです。

Winter Solstice Alignment
recreatingbalance1.blogspot.com

このエネルギーの波を利用して、光と一つになり、さらに光を太陽系中に流すことによって、イベントを遅らせている残り全ての問題を解決することを支援することができます。

状況報告
prepareforchange-japan.blogspot.com

更に、銀河のセントラルサンから発せられる光は、地表の住人に埋め込まれたインプラントの除去を支援してくれます。

このことも惑星解放過程を早めてくれます。

インプラント
prepareforchange-japan.blogspot.com

2018年の冬至である、12月21日金曜日10:23 PM UTC ( 日本時間12月22日午前7:23) に、一緒に瞑想をしましょう。

この瞑想をできるだけ広めるため、ご自由にご参加や拡散をしてください。

以下はタイムゾーン毎の瞑想時間です。

お住まいの地方の瞑想開始時間はこちらでご確認いただけます。

Event Time Announcer - December Solstice Meditation
www.timeanddate.com

この瞑想の正確なカウントダウンタイマーはこちらです。

December Solstice Meditation
www.timeanddate.com

フェイスブックのイベントページはこちらです。
https://www.facebook.com/events/1276529765842683/




音声ガイドが出来上がりました!
https://www.youtube.com/watch?v=EPgFeZN1SlQ&t=30s


瞑想指示
1. 自分なりのやり方で、リラックスした意識状態になってください。

2. この冬至瞑想を、惑星地球とその住人のアセンション過程を早めるために使うことを表明します。

3. 銀河のセントラルサンから光の柱が放射され、私たちの太陽系内部のすべての光の存在を通り、あなたの身体を通って、地球の中心に届くのを視覚化します。

次に、もう1本の光の柱が地球の中心から上ってきて、あなたの身体を通り、空高く上がって太陽系や銀河にいるすべての光の存在に届き、最後は銀河の中心とソースに繋がるのを視覚化します。

あなたは今、2本の光の柱の中にいます。光が上向きと下向きに同時に流れています。

この光の柱の流れを数分間保ちます。

4. 惑星中の全ての薔薇の姉妹団(SOTR)と、ライトウォリアーとライトワーカーがEELA(シリウスの愛のエンジェル)のピンク色のリキッドライト(液体の光)で包まれているのを視覚化してください。

ライトウォーリアーとライトワーカー全員に光がしっかりと定着し、女神のエネルギーとの繋がりが更に深まり、イベント時の各自の任務への準備ができていくのを視覚化してください。

5. 紫の炎で地球上の人類全員が浄化され、全てのプログラミング支配や抑圧から解放されるのを視覚化してください。

闇の勢力のネガティブな行いやマインド・プログラミングは、人類から全て除去され、地表の住人に施された全てのインプラントが完全に消滅するのを視覚化してください。

6. ANの白い炎が物質界、プラズマ界、エーテル界、アストラル界に残った全てのネガティブな兵器を浄化するのを視覚化してください。

光の勢力のオペレーションが全速力で進行していくのを視覚化してください。

7. イベントが発生し、地球とその住人がワンネス、調和、平和、そして繁栄を取り戻す様子を視覚化してください。

皆が自身のハイヤーセルフとスピリチュアルガイドとの繋がりを取り戻す様子を視覚化してください。

女神はアセンションを望んでいます。

そして、アセンションは達成されます! ANの白い炎についてはこちらで学んでいただくことができます。
https://note.mu/aile0211/n/n3fea3cf83fb7
(補足説明: AN転換についてはこちらでお読みいただけます。)
https://note.mu/aile0211/n/n30a78b6ba200
(補足説明: リキッドライトについてはこちらでお読みいただけます。)
https://note.mu/aile0211/n/nbf0bcb23a2f4

瞑想の音声ガイドも用意ができ次第、追加させていただきます。


Victory of the Light!

翻訳:NOGI

音楽:Two Steps From Hell-Wild Heart

アルシオン・プレヤデス、ニュース79-2018:バイエル・モンサント、黄色いベスト、金融エリート、DNA、UFO


アルシオン・プレヤデスのビデオ−ドキュメンタリーで見ることができるように、私達は人類にとって最も危機的な時を生きている。

というのも、地球が変化の段階を迎えているからだ。

それは歴史上かつてないほど極端な変化であり、これにまた、私達の惑星に届いている大量の光子のエネルギーが伴って、人々の目覚めや、深い遺伝的変化をもたらしている。

その一方で、目に見える政府と陰の政府のエリートとその同盟者ら、また私達の地球をわがものにしようとしている略奪者エイリアン達の、何より急を要する追放と無力化に必要な無数の世界の事件や地政学的変化、政府や宗教、社会の変化が至る所で起こっている。

私達はこれらのビデオを通して、公式の報道機関が私達から隠しているか、誤情報を伝えている、私達を取り巻く多くの出来事に対して目を開き、自然や気候のアンバランスや、次第に劇的かつ危機的になっている社会の状況、様々な国における挑発や戦争、あらゆる方面の危機や紛争などについての意識するよう促そうとしている。

同じく、隠された陰謀や策略、大量のUFOの目撃、日増しに明白になる奇妙な現象や光の現象など、アルシオン・プレヤデスのビデオでより広範かつ掘り下げて展開している全てのテーマを伝えている。

これら全てについて、極めて興味深い最新のニュースやルポルタージュ、インタビュー、ドキュメントを集約して、定期的にアルシオン・プレヤデスの支持者達に伝えていくつもりである。

COBRAアップデート イエローベスト運動とパリのボルテックス20181216



イエローベスト運動とパリのボルテックス

1793年11月10日に、パリのノートルダム寺院で理性と自由の女神の活性化が行われました。
https://www.patheos.com/blogs/monkeymind/2017/11/goddess-reason-enthroned.html

その教会は、ローマ時代にイシスの寺院があった場所でした。
https://gnosticwarrior.com/the-parisii-of-isis.html

女神の神秘のイニシエーションは、現在でもそこで行われています。
http://secretebase.free.fr/complots/edifices/paris/paris.htm

理性の女神の活性化からちょうど225年後に、レジスタンス(RM)のある女神の巫女がパリの地上にやってきて、特別の地球のクンダリーニ活性化を行いました。  

この活性化は、パリでの世界首脳会談のあった2018年11月8日から11日まで行われました。

二匹目のどじょうは存在します。

この活性化は地球のクンダリーニ覚醒を引き起こし、遂に人々が闇の勢力の抑圧に立ち上がりました。

地球のクンダリーニ活性化の一つの側面は、人間の性的エネルギーを取り戻して、肉体美を表現することにあります。

活性化の影響は、11月10日にルーブルで即座に感じ取れました。
https://www.dailymail.co.uk/femail/article-6378137/Australian-model-kicked-Louvre-revealing-outfit-targeted-vile-trolls-social-media.html

凱旋門
https://vaaju.com/belgiumeng/under-the-arc-of-triumph-femen-judges-war-crimes/

翌日の11月11日には、ドナルド・トランプのいた場所から数メートルの場所
https://www.euronews.com/2018/11/11/topless-protester-gets-within-metres-of-trump-s-motorcade-in-paris https://www.timesofisrael.com/police-tackle-topless-protesters-who-rush-trump-motorcade-in-paris/

2018年11月11日以来、パリの女神のボルテックスは全人類に継続的にクンダリーニ活性化を起こしています。

それが、すべての抑圧に対する草の根運動のイエローベスト運動が成功した神秘的な理由です。

この運動はすぐに世界中に拡散し、地球の地政学的状況に劇的な影響を与えるものと期待されます。
https://www.france24.com/en/20181209-belgium-yellow-vest-protest-brussels-tax-living-cost

http://stateofthenation2012.com/?p=110857

いま太陽活動の極小期が到来間近であることを念頭に置くと、その後の数か月・数年の間に太陽活動が活発化するにつれて人類の革命の火花は増加してゆくだけです。
http://gorbanev.com/ http://www.oa.uj.edu.pl/A.Michalec/history.html

先週末のパリでは、多くの女性がトップレスでデモを行いました。
https://sputniknews.com/europe/201812151070718582-topless-women-yellow-vests/ https://www.rt.com/news/446549-marianne-naked-paris-protests/

その女性たちは、理性と自由の女神のマリアンヌの原型を立ち上げました。

そのエネルギーは225年前のパリで活性化されたものです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Marianne https://en.wikipedia.org/wiki/Liberty_(goddess))

https://en.wikipedia.org/wiki/Liberty

女神は自由を求めます。

そして自由は達成されます。


翻訳:Terry

音楽:Two Steps From Hell-All Is Hell That Ends Well

2018年12月14日金曜日

光の勢力の「プラン」 夢に生きる



光の勢力の「プラン」
第9弾 夢に生きる。

障害物が無くなって支援を受けられる環境になってしまえば、皆に道は拓かれていきます。

あなたが諦めてしまっていた夢も、この惑星のために使うため、光が当たるようになるでしょう。

愛と性が宇宙で一番強い力であるとして、その二つは同じコインの裏と表なのです。

同じように、多くの人々が自分の夢はただのファンタジーだと信じさせられてきました。

その実、皆が強く夢を追っていたいと願っているのです。

夢はありとあらゆる種類があり、実現の仕方も様々です。

しかし、それらは直観力と強く繋がっているものです。

セックスは第二チャクラ(サクラルチャクラ)の力です。

愛は第四チャクラ(ハートチャクラ)の力です。

直感は第六チャクラ(サードアイチャクラ)の力です。

これらは皆、女性性の力です。

直観力は、パートナーが欲しいものを本質的に見抜く力です。

人間の第二の核となる本能とは、創造力です。

負担や義務を課されなくなった人間は、自然に何かを創りたくなります。

こちらもサクラルチャクラの女性性の力です。

もたらされるのは、何かを発明したい、デザインしたい、組み立てたいと思う心です。

創造物はどんなに小さなものでも、ウルトラ級の大きさのものでも、なんでも自由です。

美しいものを創る時、愛を加えてみましょう。

そして実用性を考える直感力も加えてみましょう。

そうすれば、新たな素晴らしい創造物が目の前に現れるでしょう。

人間の核となる第三の本能とは、自己実現の能力です。

もっと上手くなりたい(基底チャクラ)、もっと強くなりたい(ソーラープレキサスチャクラ)、もっとコミュニケーションが上手くなりたい(スロートチャクラ)、もっと賢くなりたい(クラウンチャクラ)。

これらは男性性の力によるものです。

最後には、その力によって人々は生きる男神と女神に変わっていきます。

あなたがどの部分を成長させたいと思うかが問われるのではありません。

なにを探求したいかが大事なのです。

他の誰かより上手になるという問題ではなく、内側からのインスピレーションを追求してください。

そしてあなたがなりたい存在になってください。

生命とは、愛し、愛されることです。

物理的、精神的、感情的、霊的に愛し、愛されて生きることです。

そして素晴らしいものを創造し、あなたという存在になってください。

翻訳:NOGI

音楽:Two Steps From Hell-Victory

アントワイン 光の炎とリキッドライト(液体の光)



アントワイン 光の炎とリキッドライト(液体の光)
原文
recreatingbalance1.blogspot.com

転載 note.mu

2018年12月14日金曜日

紫の炎やANの白い火、そして大天使ミカエルの青い炎のような光の炎は、地球で幅広く知られ、この数十年間用いられてきました。

しかし、リキッドライト(液体の光)はそれほど広くは用いられていません。

光の炎と液体の光は物質的現実の起源である高次元のエネルギーです。

例えば、黄金の光から物質としての金(およびその他金色のクリスタル)が生み出され、金は文字通り黄金色の光を高密度化したものです。

銀や多くのクリスタルについても同じで、実際、あらゆる物質についても同じことが言えます。

物理学で知られているように、それぞれの原子はそれぞれ異なる振動数を持ち、この振動数は色に対応しているので、全ての物質的原子は様々な色の光の振動数が高密度化された具現化なのです。

このような色のついた光を瞑想や視覚化、意図などに用いると、高次ボディ(4次元、5次元以上、言い換えるとエーテル、アストラル、魂など)に実際に本当に何かが起こり、この色のついた光を高次ボディが伝達し、その次元(エーテル、アストラルなど)には直接的に影響し、物理的現実には間接的に影響します。

なぜなら、物質界とそれ以外の界には常に双方向に物質が流れているからです。

これを実際に使用する例として、黄金の光を定期的に用いると、物質的な金を引き寄せるのに役立つ可能性があります。

しかしながら、金と黄金色の真のエネルギーは、本当は一般的な財政的事柄とは関係なく、むしろその本質は太陽や星のようにハイヤーセルフや魂のエネルギーを伝達するということを理解しておくと良いでしょう。

そして、これが、古代文明によって黄金の光が幅広く用いられていた元々の理由なのです。

色のついた光を炎や液体の形で用いれば、エネルギーに特有で基本的な性質が加わります。

場合によっては、光の炎だけではなく、液体の光を一緒に使ってバランスを取るのが非常に良いでしょう。

特に、敏感なエネルギーフィールドを持ち、現代的生活様式によるたくさんの刺激や緊張によって疲れ、過重な負荷がかかる可能性のある人にとっては、液体の光の方が穏やかで、慰められ、育まれる、物質的な水とちょうど同じような女性性の性質を持っていますから、刺激と光の炎による浄化とのバランスを取るのに非常に良い効果をもたらす可能性があります。

紫の炎のような有名なもの以外に、たくさんの色やその組み合わせを単なる光や、炎や、液体の光や、それぞれを組み合わせた形で使うことができます。

いくつか例を挙げましょう。 液体の虹色の光は非常に強力なエネルギーで、とても多くの利点があり、多くの宇宙の存在やスターファミリーにたくさん使われています。

ワンネス意識を創造したり、変容や癒しに非常に役立つのですが、他にも数多くの利点があります。

真珠のように白い液体の光は非常に強力かつ神聖な女性性の存在で、調和と平和、およびターラー神や観音菩薩のような女神の元型の穏やかで育むエネルギーです。

これと白い火は非常に良い組み合わせであり、お互いを補完します。 明るい水色の液体の光も非常に慰めされ、癒される、純真と喜びと一体感のエネルギーを持っています。

他にもたくさんあります。

みなさん、ご自由にお試しください。

それぞれの存在、それぞれの時期に色々な可能性が当てはまる可能性があるからです。

✨楽しみましょう✨

翻訳:エル

音楽:Thomas Bergersen-Colors of Love(Sun)

2018年12月12日水曜日

光の勢力の「プラン」 イベントへと近づくにあたって



光の勢力の「プラン」
第3弾 イベントへと近づくにあたって


イベントが近づくにつれ、カバールのメンバーも狼狽えています。

光への降伏を避け、世にも恐ろしい犯罪を犯してきました。

彼らを待ち受ける、逃れられない宿命から逃れようとあがき、カオスを作り出し、世界中を混乱と破壊に陥れようと画策していますが、上手くいっていません。

光の勢力によって、ほとんどの計画は阻止されるからです。

大規模な死傷者を出さないかぎりは、闇の計画が光をすり抜けて実行に移されてしまうこともあるため、イベントまではこのような不快な事件が起こり続けることが予想されます。

精神的にも感情的にも覚悟を決め、これ以上の遅れを引き起こさないように努めるよう、カバールには忠告をしておきます。

イベントが始まれば、多くの人が自分の目で目の当たりにする光景によって、ショックを受けて混乱することでしょう。

私達のような「知っていた」人々が家族や同僚、友人や一般人に対して、リーダーとして何が起こっているのかを知らせる義務があります。

イベントはどのような背景と意図があり、今後どのように展開するのか、説明をするという義務です。

それによってカオスの度合いに制限がかかり、混乱した人々の暴動を避けることに繋がります。

このような急激な変化の時ほど、できるだけスムーズな移行になるように努めるべきです。


第4弾 イベントの際に起こること

・金融システムにはびこる賄賂や借金は即座に終了します(すべてのデータ上の取引は遮断され、現金による取引だけが継続するでしょう)。

・実際の経済的価値の何十倍もの価値が与えられていた全ての有価証券、金融派生商品の価値がゼロになります。

・全てのカバールが世界中で大量に逮捕されます(堕落した銀行家、政治家、大統領や社長、官僚、ネガティブな秘密組織のメンバー、黒い貴族やイエズス会などなど)

・大量逮捕の模様はテレビ地上波で生放送されます。

一般人はカバールについて知り、彼らの行った犯罪行為についても認知します。


第5弾 イベントの後すぐに起こること

・隠し口座は全て閉鎖され、残金もゼロになります。

・カバールによる違法な詐欺ビジネスの合意書はすべて破棄されます。

・1930年代に物質的ゴールドと引き換えにアジアの王族が受け取った、何十億ドルもする金貨支払債券は、長期間の物理的ゴールドとその利子に対する返還延滞への返済を求めて、連邦準備理事会へと突き返されます。

しかし連邦準備理事会にはとても返済できない額なため、その波及はカバールが支配する全ての銀行へと及び、次々に破産していきます。

・世界の全ての公的および私的借金は帳消しになります。

・新しい公平で調和のとれた金融システムが開始します。

・カバールの行ってきた、ありとあらゆる犯罪実録劇がドキュメンタリー映画や証言集となって一般人の目に公表されます。


第6弾 イベントの後、しばらくして起こること

・武器を使用した全ての争いは止められ、扇動者や資金提供者は排除され、暴動実行者はいかに自分たちが操られていたかを知ることになります。

・多国籍企業は分裂し、国有企業になります。

・光を拒むカバールは銀河のセントラルサンに連行され、魂のリセットが行われます。

裁判にかけられ、真実を話した者には和解措置が検討される場合があります。

・その立場に立つに値する、高い意識を持った新たな指導者がカバールの代わりに各立場につきます。

・繁栄基金が全人類に対して渡されます。

それと同時に、カバールによって不法に保持されていた財産も再分配されます。

・貧困や環境破壊を促していたカバールのプロジェクトは大々的に止められ、海の浄化やインフラストラクチャーの整備が始まります。

・抑圧されてきた先進技術が公開され、大量生産されます。  

その中にはフリーエネルギー装置などの最重要技術も含まれます。

・抑圧された情報が過去から現在にかけて、すべて公開されます。

その中には地球外生命体の存在の証拠も含まれます。


第7弾 イベント後、もうしばらくしてから起こること

・光の地球外生命体が地球の人間たちと面会し始めます。

始めは個人的なコンタクト、次に大衆の前に姿を現し始めます。

・地球内部の種族も地表の住人と接触し始め、公的な関係を持ち始めます。

・ソウルファミリーと再会し、地球外起源の魂を持つ人は、ホームとなる惑星へと帰還することもできます。

・惑星地球のアセンション・プランが告知され、アセンション・プロセスが始まります。

・銀河連合の領域にあるライト・チェンバーへと案内される人間は、完全意識へと至ることになります。

・個人やグループ単位での物理的、精神的、感情的、霊的な、この惑星で積み重ねてきたダメージへのヒーリングが施されます。

・カバールに組み込まれていなかったネガティブな人々は再教育を施され、より建設的な生き方を学びます。

・全ての人が銀河連合への加入の機会が与えられます。


翻訳:NOGI

音楽:Two Steps From Hell-Inpossible

2018年12月11日火曜日

光の勢力の「プラン」 これまでに達成したこと



光の勢力の「プラン」
第2弾 これまでに達成したこと


1994年にアンカラ条約が締結されてからは、多くの出来事がありました。

オリオンから太陽系内と地球周辺へと武力を集結させた闇の勢力の残党によって、地球の状況が悪化した場面もありましたが、光の勢力の反撃により、地下深くの軍事基地などは徐々に掃討が進んでいきました。

これには地球人の政府の役人や兵士の働きもありました。

また、レジスタンス・ムーブメントや他の星系からやってきた人間型宇宙種族の支援のおかげでもありました。

結果、5億人もの物理的レプティリアンは惑星から排除され、多くの人質になっていた人間も解放され、銀河連合の領域へと連れていかれ、ヒーリングや修復を受けました。

また、カバールが第三次世界大戦を引き起こそうと企んでいた秘密基地の数々も掃討され、計画は実行不可となりました。

太陽系内の月や小惑星にあった多くの闇の勢力の小規模基地は光の勢力によって制圧され、そこにあったベールを強化するための技術や、宇宙中から異常エネルギーを引き寄せるための技術などは除去され、人間の人質たちも解放されました。

2010年、ワクチン接種プログラムによって維持および強化されていた、大部分の物質的インプラントは、レジスタンス・ムーブメントの特別なテクノロジーによって遠距離から除去されました。

高次元の知識への接触を抑圧するプラズマ・インプラントは、未だ完全には除去はされていません。

それでも、それらのインプラントの効果も大分落ちてきています。

それに続き、何十億という数のプラズマ界やエーテル界の非物質的レプティリアンなどのネガティブエンティティーが排除されていきました。

2012年のポータル活性化の集団瞑想の数々によって、全てのネガティブな未来のタイムラインは完全に消え去りました。

よって、カバールがいかに世界的な大災害を引き起こそうとしても、実現は全く不可能となったのです。

もっとも素晴らしかったのが、中央銀行やカバールの禁固に保持されていた大部分のゴールド(金)がレジスタンス・ムーブメントによって盗まれたということです。

カバールは今、ゴールドも何もない、空気の価値を基にしたフィアット通貨(中央銀行が発行した通貨のこと)システムのみで成り立っているのです。

中央銀行に唯一できるのは、金メッキしたタングステンの延べ棒を金庫にしまっておくことくらいです。

困ったカバールは、西欧諸国のあちこちの都市にゴールド買取店を設置し、ゴールドの回収作戦に乗り出しました。

地中にいる諸文明もお互いの連携を強めていきました。

レジスタンス・ムーブメントと他の善良な地球外生命体、そしてアガルタ・ネットワークの間の交流は深まっていきました。

地表でも、イベントの直後や最中でも正しく発展を導けるように支援するための「イベント・サポート・グループ」が組織されていきました。

人道的支援、環境保護、社会支援、文化的支援などのプロジェクトが企画されていきました。 2015年初頭、キメラグループの全ての物質的ストレンジレット爆弾と物質的トップレット爆弾が除去されました。

2016年、全てのプラズマ・ストレンジレット爆弾の除去作戦が完了しました。

地球を直接囲んでいる太陽系のエリアからネガティブな存在は排除されていき、ヤルダバオートの解体も進んでいきました。

最初の段階として、プレアデス人によるタキオン膜が月の軌道の内側に張り巡らされたということがありました。

それによってヤルダバオートの頭部が触手から効果的に切り離されました。

2017年の2月26日の集団瞑想の結果、ヤルダバオートの触手は完全に消滅し、惑星地表の外側には初期異常は完全に排除されました。

現在、プラズマ・トップレット爆弾を内部に宿すヤルダバオートの頭部の残りも消滅しようとしています。

2018年2月、ついに惑星解放の最終段階へと移行しました。

浅い階層にある地下軍事基地とカバールの掃討作戦も開始しました。

2018年夏、天の川銀河のはずれからプラズマ・フィラメント(銀河中に伸びた高次元のプラズマトンネル)を通して太陽系内に集められたプラズマ異常の飛沫も阻止され、蛇口はしっかりと閉められ、飛び散ったプラズマ異常も綺麗に浄化されています。


翻訳:NOGI

音楽:Two Steps From Hell-Enchantress

2018年12月10日月曜日

光の勢力VS闇の勢力 警告と激励



光の勢力VS闇の勢力
第8弾 警告と激励


この場を持って、私は改めて、惑星地球はどう考えても異常な状態にあるということをはっきりと言わせていただきます。

はっきり言って、完全におかしいし、狂っています。

このような環境の中で生きているので、感覚が麻痺してしまっていますが、起きている犯罪、ヘイト、戦争、環境汚染、人口過剰、飢餓、経済危機、貧困、権力乱用、汚職など、数えきれないほどのおかしなことがあります。

ですが、これらの問題は全て、私達が自分の人生への責任をもつことで解決していきます。

やがて私達の社会全体が責任をとり、破滅への道を進む人々を早期に止めてあげることができればいいのです。

あまりに歪んでいて異常な人々は、惑星から排除される道しか残っていません。 光の勢力によって排除は行われます。

実際に何名かの極度に歪んだ人々は排除されました。

結局のところ、光の勢力と闇の勢力の見えざる戦争には、生きるか死ぬかのどちらか一択しか残りません。

闇の勢力が敗れれば、文字通り宇宙から消滅するという結果になります。

この惑星上でも、光の勢力があやうく全滅しそうになるほどの危機に直面したこともありました。

現在光の勢力が直面している闇の抑圧や汚染などは、当時と比べれば軽いものです。

ほとんどの危機は回避されましたが、闇が残っている限りは危険はまだ残っています。

光の勢力の勝利への、最後の後押しをしましょう。

あなただけにしかできない、最高の仕事をしてください。

私達が生まれたのは、心を削って働かされたり、一日中パソコンの前に座ってつまらなそうに働き続けるためではありません。

人生は本当は、もっともっと楽しく刺激的なのです。

週末に趣味を楽しんでいる時間だけが、あなたの人生の全てではありません。

あなたの人生全部の話をしています。

もしテクノロジーの恩恵を受けて、中央集権体制から解放され、物価が下がり、重労働からも解放され、生活がもっと快適になったのなら…。

あなたに問います。

賃金の受け取りと税金の支払いを続ける奴隷として、生き続けたいですか?

死ぬまで銀行に借金をし続けたいですか?

老人になった時、ようやく借金を返済できたと思えば、もう生きる気力が残されておらず、ずっとやりたいと思っていたことができなくて、それでいいのでしょうか?

もっと時間とお金があれば、どうなっていたのでしょうか?

この狂気から抜け出したくありませんか?

狂気のオカルト主義者によって合法化された窃盗システムの中から抜け出したくありませんか? 子供の頃から騙され続けてきた、このシステムの外へ。

もしここから出たいと決めてくれたのなら、勇気を出して立ち上がりましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=YeFzeNAHEhU

あなたをバカにする愚かな声は無視しましょう。

奴隷になって久しく、立ち上がる気力もない人には、真実を突き付けてあげましょう。

彼らが混乱して怒り出しても仕方ありません。

いきなり全てを教えるよりかは、少しずつ教えて認識を拡げてあげるのが良いでしょう。

闇の勢力からの最終的な解放を後押しするためにできること。

私にとってそれは、人々とアイデアを共有し、代替え案を提示することで、人々にインスピレーションを与えて目覚めを促すことです。


翻訳:NOGI

音楽:Delacey-Dream It Possible(EXTENDER Remix by Kiko)

アルシオン・プレヤデス37:9.11テロの真実、11の儀式的殺人、G.ブッシュ、G.ワシントンの予言的ビジョン



人類に対して権力の主達が行ってきた、様々な陰謀について続けるが、知られているテロリスト達や、影にいる者達が狡猾にも計画した、恐怖と恐れの時代を誘発した具体的な事例が存在する。

 実際、何年も経過したが、それでも全てがしっかりと沈黙を守ったままである…

私達はこのドキュメンタリーにおいて、できる限りの証拠の全てを示したいと思う。

そして各自が、その過酷な出来事を検証できるように。

というのも、これら権謀策術のテロ行為は、減少するどころか、止むことなく起こり続けているからだ。

 だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは何かがうまくいっていないのか?

そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪のない民衆であることだ。

 何人もが卑怯にも帝国に暗殺されたのであり、その原因は、彼らが知りすぎたためで、それゆえあらゆる陰謀や偽りに反対したことにある。

このようにして、ニューヨークのツインタワーの崩壊についての全ての真実に蓋をすることができたのだ。

とはいえ、何人もの活動家がこのことを報告してきたし、アメリカ政府と サウジアラビア政府が関与していた、まさに偽旗のテロ攻撃であったことが、はっきりと証明されてもいる。

もしかしてツインタワーの破壊は、2001年9月11日に実行されるよう十分に計算されていたのか?

だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは何かがうまくいっていないのか?

そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪のない民衆であることだ。

ビデオ制作 アルシオン

アルシオン・プレヤデス42 (音声付き):シューマン共振、スターゲート、ルッキンググラス-イエローキューブ、Brexit



編集注: より見やすくなるよう、内容を充実させ、音声を入れて編集し、再公開した新しいドキュメンタリーです。

***このドキュメンタリーは、中身が3つの部分に分かれています***

私達が銀河の中心に近づけば近づくほど、誰もが定義するエネルギーの影響を受けるが、また地球-宇宙の時間と共に、前代未聞の周波数およびシューマン共振に地球が再適合し、再調整される時まで、より大きな不都合や、地球規模-地政学的-心理社会的といった、強烈なカオス-惨状を経験しなければならないだろう。

シューマン共振もしくは地球の鼓動は、穏やかに、ただし継続して減退し続けている磁場だと知るのは、重要だ。

これは地球の磁極の反転、もしくは途方もない規模の次元の量子的飛躍と関係している。 これより、心理-肉体の目覚めが、大いに活発化するだろう。

光の下に庇護されている者達にとっても、また闇を崇拝する者達にとっても。だが全ては不確かである。というのも、相反するこの二つのエネルギーのどちらがより力を持つのか、分からないからだ。
ではこのことは、支配者であるエリートに未来を投影して見せていたが、偶然にも2012年末よりもはや機能していない、ルッキンググラス-イエローキューブと、どんな関係があるのか?

加えて、なぜ帝国主義は、地球全域で新たな次元間の扉を探しているのか?

 ビデオ制作 アルシオン

光の勢力の「プラン」 惑星解放



光の勢力の「プラン」
第1弾 惑星解放


光の勢力の地球とその住人のためのプランには、基本的に三つの段階があります。

1.闇の勢力の権力構造やテクノロジーの支配を排除または弱体化をさせ、一般大衆の認識を高め、イベントへの準備を加速させること。

2.闇の勢力を乗っ取り、政府、金融、メディア、医療や科学界での根本的な変化を引き起こすことで、カバールのメンバーに裁きを下すこと。

3.浄化とヒーリングを惑星と人類へ届け、隠されてきた地球の歴史を公開し、地球外知的生命体の存在を公表し、人々に完全な認識をもたらすこと。

第一段階については、もうすぐ終わりなので、今は第二段階への準備をしているところです。

それはイベント時に始まるでしょう。

イベントは「イベント・フラッシュ(閃光)」とともに到来するでしょう。

イベント・フラッシュとは、非常に強力なエネルギーのパルスであり、銀河のセントラルサンを通してプレローマから送られてきます。

人々の感じ方は個人差がありますが、全員が何らかのエネルギーを感じることでしょう。

このフラッシュが地球に到達すると、既存の金融システムは即座にシャットダウンし、世界規模でのカバールメンバー達の大量逮捕が始まります。

その様子はテレビで放送されるため、誰もが目撃することになります。

第二段階が落ち着いてくると、人々は一体何が、どうして起こっているのか、ようやく理解し始めるでしょう。

そして第三段階へと進んでいきます。

それによってカバールの闇のルールや無責任な行動によって混乱した状況が整理されていき、人類全体から隠されてきた完全無垢な真実が明かされていきます。

この段階が完了すると、もう光の勢力からの熱心な支えは必要では無くなり、皆が自分自身の意志で、自らの必要な願いを満たすための最適な行動を取ることができるようになります。


 翻訳:NOGI

音楽:Two Steps From Hell-Victory

2018年12月9日日曜日

光の勢力VS闇の勢力 大天使、天使、スピリチュアル・ガイド



第5弾 大天使、天使、スピリチュアル・ガイド

 天の川銀河などの銀河や他の星系に起源を持つ知的生命体の他にも、肉体を持って転生することは無い、天使や大天使も存在します。

これらはソースの使者であり、至高の計画に沿うように創造の舵を取る存在です。

見えざる神の導き手とも言えます。

天使の中でも特に強力な存在は大天使と呼ばれます。

ミカエル、ガブリエル、シャムエル、ラファエル、ウリエル、ジョフィエル、ザドキエル、アドナエル、アクアリエル、アリエル、アズラエル、バラキエル、サブラエル、セアルティエル、ザカリエル、ゼラキエルなどがいます。

それぞれの大天使は特有の能力を持ち、必要な支援を願って呼びかけることで、人生に何らかの手助けをもたらしてくれます。

天使や大天使は二元性や悪や苦悩とは無縁の存在です。

ソースから生み出された時から変わらず純粋なままです。

大天使はアルコンに対しても説得を繰り返し、光に戻るように呼び掛けていました。 アルコンの中には、光に戻ることを選択した者もいました。

大天使はよく肖像画などで描かれていますが、これらは単なるエネルギーや性質を可視化しただけの人間的表現なだけであって、実際の見た目ではないことを知っておくべきです。

天使には人間の持つ弱さや制限などはありません。 人間よりも遥かに高い振動数の領域に存在しているからです。

スピリチュアルガイドとは、特定の肉体に転生はしないで、高次元からの導きや支援をもたらす、高度に発達した魂の総称です。

人々が自身のミッションを遂行するのを支援する際に、人生の中で介入をしてくれます。

私の人生の中にも、彼らの導きがありました。

私が子供の頃、自転車を漕いでいたら、私に止まるように呼び掛けてくる声を聞きました。

その直後、目の前で二台の車が衝突しました。

駐車場から急いで出ようとして逆走した車と、駐車場に入った車が衝突したのでした。

翻訳:NOGI
音楽:Star Sky-Two Steps From Hell-Cinematic

光の勢力VS闇の勢力 ヒーリング、変容、そしてトライアンギュレーションについて



第6弾  ヒーリング、変容、そしてトライアンギュレーションについて
陰謀論を学んだ人の多くが、これらはただの空論ではなく現実の出来事であると認識し始めました。

私達の個人的な生活規模の出来事から、世界規模の出来事までも作り出している、私達の社会全体を操る、影の政府が実在しているということに。

それを知ったら、怒り、復讐してやりたいと思うはずです。

裏切られた。都合よく振り回されていただけだった。

ですが、そう思っていても何の足しにもなりません。

そう思っていても、何事も良い方向に変わっていくことはありません。

私は復讐にはもう、興味がありません。

映画『ウエスタン』の最後の決闘シーン
https://www.youtube.com/watch?v=qwb3P...

誰がどんな犯罪を犯したとかは、関係ありません。

誰が悪いとか、誰が自分の神性な権限を悪く使って人々を惨めな生活へと追い込んでいるかとか、どうでもいいのです。

唯一、そして一番大事なのは、初期異常が原因となって起きてしまった混乱をいかにして浄化していくかということ。

いかにして無意味な殺戮を止め、無意味な苦しみと破壊を止め、どうやって平和と調和と栄光の愛を地球へともたらすかということなのです。

世界が正しいルールの下で協力し合うためには、相当な量の調整が必要になります。

自然の豊かさが人々の下に返還されなければなりません。

環境も浄化される必要があります。

格差の広がった社会層間での、富の再分配も必要となります。

創造的なことのために時間が費やされるべきです。

より大きな責任を伴って生産や制作が行われるべきです。

過激で暴力的な映画やイメージなどは排除され、元々の本当の精神性が人々の下へ返還されるべきです。

古代の秘儀や隠されたテクノロジーの秘密が明かされるべきです。

人々はソースとの直接の繋がりを再び得る必要があります。

有害なマインドプログラミングや感情体に負った傷は、それでようやく癒えるでしょう。

これらが本当の人類の課題です。

ですが、カバールの支配が無くなれば、光の勢力の支援もあり、すぐに課題に取り掛かることが可能になるでしょう。

人類への善良な地球外生命体の支援は、地球解放後に劇的に増えていくことでしょう。 ヒーリングの方法は多種多様です。

ヒーリングというものも、創造プロセスの一つだからです。

自らの直感と内なる導きに従い、自分だけの方法を発案するのも良いでしょう。

例えば、私の手のひらのチャクラが活性化し、輝く白い光が発せられ、次第に強くなっていくのを視覚化します。

その両手の間に惑星地球が浮かんでいて、そのヒーリングエネルギーを吸収していくのを視覚化します。

それから両手をゆっくり持ち上げ、地球が両手の間を行き来して、これまで積み上げてきた重荷や闇の慣習が剥がれ落ちていくのを視覚化します。

あなたは、あなたという神に至るための道の途中にいるということを忘れないでください。 あなたが大きな仕事を果たすということに、ためらいを持たないでください。

変容とは内側のプロセスであって、最も根底にある問題をピンポイントで解消していくことで、実際に起こります。

自分の中にある基本的問題を、新しい選択をすることで解消します。

玉ねぎの皮を剥いていくことに喩えれば、玉ねぎの芯の部分に至るまで、あなたの積み重なった層を剥いでいくのです。

芯にある問題は、見つめることで初めて解決することができます。

問題解決は、個人レベルでも、社会レベルでも同じように起こります。

いずれのケースにしても、根底にある問題を見つめるには、一定レベルまで成長した人格と、自己の完全な正直さが必要となります。

あなたという個人、あるいは集団を直視しようとする意志が無ければ、問題は無くならないどころか悪化していきます。

痛みを感じるプロセスですが、そんな時は自分自身を許してあげてください。

トライアンギュレーションは、繋がりが断たれた物事を再接続したり、相容れない物事を和解するために非常に有効な方法です。

アンカラ条約もこの方法を採り入れて達成したことの例です。

トライアンギュレーションの原理とは、まず人は自分が置かれた状況の中で、必要となること、願い、判断を基にした意思決定をしていると理解することです。

もし人が理想的な選択をとることが不可能と感じた場合、つまり誰とっても利益のある選択が無いと知った場合、次は自分自身(エゴ)にとっての最適な選択をとるはずです。

その際、他人の利益を奪ったりすることになっても。

利益や視点の幅はもっと拡げられるべきです。

そうすれば、見えなくなっていた全ての選択肢、解決法の存在に気づくでしょう。

そしてようやく、ホリスティック(全体的)な融和が達成され、争いや不和が解消していきます。


翻訳:NOGI

音楽:Two Steps From Hell-Evergreen Extender

光の勢力VS闇の勢力 ホーリズム全体論 もう一度、自分自身になりましょう



第7弾 ホーリズム(全体論) もう一度、自分自身になりましょう

この惑星上では、信じられないほど多くの人間関係の分割や切り離しが、人工的に作り出されています。

闇の勢力が邪魔しなければ、どれほど素晴らしい世界になっていたことか。

それで涙を流したことも幾度かありました。

きっと楽園そのものか、それに近いものになるでしょう。

光の勢力がいなかったら、惑星上から生命はとっくに姿を消していたことでしょう。 多くの最悪な闇のシナリオが回避されてきました。

光の勢力と闇の勢力の間に以前交わされた、ある合意があります。

惑星上のどちらのサイドの個人や社会に対しても、状況を左右するような直接の影響を与えないようにするというものです。

光の勢力の影の支援がいなければ、人類は核戦争で自滅していたか、レプティリアンに食べられて全滅していたでしょう。

キメラグループの報復措置(トップレット爆弾)が完全に無くなる瞬間、光の勢力は即座に直接介入を始めるでしょう。

私は自分自身の人生を振り返って、あることに気づきました。

皆さんならこの感覚をお分かりになるはずです。

アルコンは私達が一番大事にしている目標に達することを特に妨害します。

そして頑張って積み上げてきたアイデアを他人にズタズタに壊されるものだという考えを頭に植え付けられます。
https://www.youtube.com/watch?v=RUQ2WGA8mJQ
(訳注: 上の動画では、カニを何匹か一つの箱に入れると、箱の外へ逃げようとするカニの脚を他のカニが引っ張り、最後はお互いに傷つけ合うという行動に発展しますが、人間社会の中にも同様のことが見られると説明しています。)

アルコンのこのやり方なら、人はお互いに邪魔をし合い、人生とは困難なものだと思い込ませることができるのです。

鍵となるのは、私達が再び全てのレベルにおいて全体性を取り戻すことです。

ホリスティックなアプローチが必要となります。

皆さんがお互いに協力し合う必要があります。
https://www.youtube.com/watch?v=7vs-H...

本当に大事なことのために、貢献すること、目標を一つにして様々な才能を発揮すること、皆の成功を決意すること。
https://www.youtube.com/watch?v=FMz1w...

危険なことも、面と向かって直視する勇気を持つこと。
https://www.youtube.com/watch?v=bMOa2...

女性性のエネルギーを胸に抱き、
https://www.youtube.com/watch?v=Tm1HS...

情熱を燃やし、生きていくのです。
https://www.youtube.com/watch?v=8YQM_...

自分の幸せと情熱は、皆の幸せと情熱だと分かります。

それに沿って行動を起こせば、世界を変えることができるのです。

あなたが実際に行動を起こせば、人生に多くのインスピレーションが供給され始めます。 あなたの情熱と努力に、皆が嬉しくなって援助をしてくれるようになります。

ホリスティックとは言えない慣習(世界には未だそういった慣習が複数存在しています。)は、本当に人々が望んでいて、続けたいものなのか、問われるべきです。

それと同時に、人々が他人の所為にする前に、自分の過ちや弱さを認めることは大切なことです。

他人のネガティブなところを指摘して、それを詳しく述べていくのは、とても簡単なことです。

ですが、それをして何になるというのでしょう?

他人の強みを教えてあげる方がはるかに良い効果があります。

人が得意なことを刺激して、伸ばしてあげましょう。

そうすればポジティブな場が作られ、協力的なフィードバックが得られるようになっていきます。

課された責任に押しつぶされそうになる人は、他に時間が余っている人に負担となっていることを任せてあげればいいのです。

人の善意に対して、優しく応えてあげることは大事なことです。

自分のことしか考えず、周りの世界を蔑ろに考えて責任を放棄する人にこそ、厳しく接する必要があります。


翻訳:NOGI

音楽:Thomas Bergersen-Colors of Love(Sun)

2018年12月7日金曜日

光の勢力 VS 闇の勢力 善良な地球外生命体



第4弾 善良な地球外生命体

RMは善良な地球外生命体から積極的な支援を受けています。

プレアデス人、シリウス人、アークトゥルス人や善良なアンドロメダ人などに代表される様々な宇宙種族がいます。

プレアデス人
https://www.youtube.com/watch?v=Xtgmj...

シリウス人
https://www.youtube.com/watch?v=Mbt1f...

アークトゥルス人
https://www.youtube.com/watch?v=sAr_t...



彼らはアセンデッドマスターに率いられたポジティブな文明の緩やかな集まりである、銀河連合 としてまとまっています。

また、セントラル種族という宇宙で最も古い知的生命体もいます。
https://note.mu/nogi1111/n/na3c4368553e5

セントラル種族はその名の通り、天の川銀河の中央部で高度に発達した種族です。

数千年以上も昔、地球のアトランティス文明とも交流がありました。

銀河連合の中には闇の勢力からの地球解放の特務を持った、アシュター・コマンド と呼ばれる特別部署もあります。

基本的に、太陽系の外側にある全ての惑星や文明は光側のものです。

かつて闇の勢力であった文明も、今では光の導きを受け入れました。

皆、多様性に富んだ宇宙文明の中でも調和を求めていくことが、自然の道であることを知り、創造の探求を続けているのです。

お互いがお互いを満たしているので、欠けているものは何も無く、それによって苦悩している人もいません。

他人を支配しようとする者は無く、立場の上下などは何もありません。

本当の力とは私達一人一人の内側にあるものであり、深いところでは皆が繋がっていると知っているからです。

だからこそ、最も深い知識をもった賢者が指導者の位置に座しているのです。

善意の宇宙人の中には、高次元の存在もいれば、私達のような肉体を持った存在もいます。

高い次元(9~12密度)の存在は中間次元(6~8密度)の存在と連絡し、それより低い次元の存在(3~5密度)へと伝わっていきます。

高い次元と低い次元の違いとして、基本的に次元が低くなるほど濃度が増していき、形として表れます。

高い次元では、より抽象的で概念的な、完全性の高い世界になります。

善良な地球外生命体の中には、スターシードと呼ばれる特別な集団もいます。

彼らは異なる星系や異なる次元で生きていましたが、地球の人類を助けるために地球人として転生することを決意した魂です。

彼らは人類に霊的な愛や智慧を自身の生き方を通して提示することで、人類の生き方や歴史の方向性を変え、調和と相互益のある高次元の原理を示すという役割を持っています。

スターシードは革命的なアーティストや優れた科学者、自由闘士、ライトワーカーやライトウォーリアーであることが多いです。

かつて享受していた平和で完璧な生活を捨て、危険を冒して惑星地球に来てくれたのです。


翻訳:NOGI

音楽:Two Steps From Hell-See Me Fight

COBRAアップデート ブラジルアセンション会議報告と状況報告



COBRAアップデート 
ブラジルアセンション会議報告と状況報告(2018/12/7)
http://2012portal.blogspot.com/2018/1...

ブラジルアセンション会議報告と状況報告 2018/12/7

サンパウロでの先週末のアセンション会議は、地球にとっての歴史的な変化に溢れたものとなりました。

会議開始のたった数時間前に、邪悪な4人組の首謀者であるジョージ・ブッシュ・シニアを死に追いやったのは単なる偶然ではありません。
https://www.rt.com/usa/445305-george-...

新たなクローン体に輪廻転生するのを防ぐ目的で光の勢力がブッシュを確実に捕獲するために、集団瞑想の実行が即時に要請されました。
http://paradism.hatenablog.com/entry/...

この瞑想と光の勢力による作戦は成功しました。

ブッシュは、光の勢力に捕獲の上、銀河のセントラルサンに連行されて、現在、分解の過程にあります。 アセンション会議のエネルギー自体は驚異的で、400名の参加者が巨大な光の共鳴場を形成しました。

会議の第2日目には、大きなブレークスルーが起きました。

かつてない女神のエネルギーを定着させることができたのです。

Invitation to start Sisterhood Of The Rose groups | My Blog https://peterpansblog.wordpress.com/2...

会議参加者の内から100名以上の方が、自分の地元で実際に合って行うバラの姉妹団(SOTR)の設立の意図を表明しました。

SOTR設立の指示内容は、こちらにあります。
http://prepareforchange-japan.blogspo...

このグループは、少なくとも週一回以上は実際に会って、物理層に女神のエネルギーを定着させることを求められます。

グループを結成して、sotrplanetarynetwork@gmail.comに連絡をすると、SOTRのウェブサイトに掲載されて、地元の人たちがその存在を通知して参加を求めることができます。

Groups | Sisterhood of the Rose Planetary Network
https://www.sisterhoodoftherose.netwo...

いろいろな方々が会議のメモを取っていて、そのメモはこちらにあります。

Personal Notes from Ascension Conference Sao Paulo | My Blog
https://peterpansblog.wordpress.com/2... https://prepareforchange.net/2018/12/...

http://mundomeraki.com/ascensionconfe...

この会議は、大きなエネルギー的なインパクトを与えました。

A Thousand Steps to the Light- Inspirations from the Conference | My Blog
https://peterpansblog.wordpress.com/2...

そして、一定のマニフェステーション(現実化)のサイクルが開始しました。

内容は後日お伝えします。 会議開催中の週末には、背後では重要でポジティブな変化が起きていました。

私のチームの多くのメンバーが、イルミナティのネットワークから金銭および協力の申し出を受けていました。

もちろん、この申し出の全てに対して、にべもなく拒否しましたが、ブッシュの死後の週末での闇の勢力の気持ちを表すもので、降伏への初めての兆候と言えます。

また、この会議の翌日に、巨大なクモの像(ママン)が、サンパウロの公園から除去されました。

SOTRの瞑想をそこで行っている最中の出来事でした。

このクモの像は、1996年にそこに設置されて、遂に今週月曜日に除去されました。

今週は、数多くの変化が起きました。

11月9日から11日にかけて、背後ではパリで女神のボルテックスを立ち上げて以来、フランスではイエローベストの解放運動にはずみがついています。
https://www.rt.com/op-ed/445661-yello...

この運動を乗っ取ろうとする侵入者を防止して、平和裏に移行が行われることを確保するために、今週土曜日にパリ平和瞑想を要請しました。
http://paradism.hatenablog.com/entry/...


Victory of the Light!

翻訳:働かなくてもいい社会

修訳:Terry

音楽:Empire of Angels

2018年12月6日木曜日

光の勢力 VS 闇の勢力 正しい理解



第2弾 正しい理解

繰り返し強調しておきたいのは、「悪に目的など無い」ということです。

そもそも、存在する意味や創造される意図すらありませんでした。

霊的成長にとって何の糧にもなりませんし、愛や女神の素晴らしさを証明するために何の効力もありません。

真実の愛の、無限の特質も、経験されなかったら意味が無いでしょう?

だから、初期異常の解消以上に優先度が高いタスクなど存在しないのです。

初期異常の解決こそが、全ての悪を終わらせる方法なのです。

闇は打ち砕かれなければなりません。 そして闇の勢力に加わっていた者には、裁きの時が訪れます。

選ぶのは、光を抱いて浄化をされるか、魂のリセットを迎えるかの、どちらか一択です。

魂のリセットは、魂に属している全ての知識、記憶、経験が跡形もなく消滅し、1から霊的成長を始めなければならなくなります。

光の勢力が使用する武器は、闇の勢力が使用するそれとは全く異なるものです。

闇は恐怖、制限、権力、アメとムチ、嘘や詐欺行為、暴力と破壊行為、抑圧と飢餓、鬱と孤独、基本的欲求や対抗意識への働きかけを武器としています。

反対に光の勢力は愛、充足、インスピレーション、真実とその解明、調和、自由と繁栄、ユーモアと意識の拡大、至高の魂としての人々の自然な性質の強化を武器としています。

闇の勢力の最大の攻撃は、人々が自身のハイヤーセルフと繋がらなくさせることです。

そうすることで人々は悪の行為に走り、闇は自分の居場所を確保できます。

光は闇より強いです。 どちらも元は光から生まれたからです。

私達の本質も、光です。

光は無限であり、境がありません。

ですから光の目的にも制限はありません。

光には創造性、美、冒険心、充足感、喜び、幸福感、絶頂感を持ち合わせています。

そして、それは誰にも制限できないものです。 光の勢力は闇に支配された惑星を次々に解放してきました。

1994年のアンカラ条約 によって、銀河に多くの平和がもたらされました。

この条約の内容に反対する勢力は、少数になりました。

アンカラ同盟の意向を拒否し続け、自らの小さな闇の王国を維持するべく、対抗組織を結成しました。

1996年、アルコンはリゲルから地球へと最後の拠点を移しました。

そしてストレンジレット爆弾とトップレット爆弾を地球へと持ち込みました。

それらは、核爆弾とは反対の原理を持つ爆弾です。

核分裂による連鎖反応を引き起こすのではなく、亜原子粒子に圧力を加えて融合させ、ブラックホールを創りだすのです。

惑星地球上の闇の勢力が未だに打倒されないのは、これが原因です。

地表の住人を人質にしているのです。

光の勢力は地球上の人類のことを気にかけているので、最大限の注意を払って対処にあたっています。

ミカド というゲームをご存知でしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=gonof...

このゲームでは崩れないようにスティックを注意して引き抜きます。

スティックがトップレット爆弾やそれに繋がっている支配テクノロジーだと喩えてみましょう。

地球上の闇の勢力の力を削ぐのに、こんなにも時間がかかってしまっているのは、このような要因もあります。

ほとんどの人は何も良い変化が無いという印象を持たされていますが、今日も背後では光と闇の銀河戦争が続いています。

善良な宇宙人たちからは蒼い真珠と呼ばれている、この惑星地球を巡って。

これまでの光の勝利のほとんどは、太陽系内の私達の目の届かない場所で達成されてきました。

あるいは高次元であったり、地球の地下でもありました。

戦いに気づいている人もいますが、闇の勢力の支配を崩す方法を知っている人はいません。

なぜなら人類は深くプログラミング(洗脳)をされているからです。


翻訳:NOGI

音楽:Two Steps From Hell-Enchantress

アルシオン・プレヤデス37(音声付き): 9.11テロの真実、11の儀式的殺人、G.ブッシュ、G.ワシントンの予言的ビジョン



編集注: より見やすくなるよう、内容を充実させ、音声を入れて編集し、再公開した新しいドキュメンタリーです。

人類に対して権力の主達が行ってきた、様々な陰謀について続けるが、知られているテロリスト達や、影にいる者達が狡猾にも計画した、恐怖と恐れの時代を誘発した具体的な事例が存在する。

実際、何年も経過したが、それでも全てがしっかりと沈黙を守ったままである…

私達はこのドキュメンタリーにおいて、できる限りの証拠の全てを示したいと思う。

そして各自が、その過酷な出来事を検証できるように。

というのも、これら権謀策術のテロ行為は、減少するどころか、止むことなく起こり続けているからだ。

だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは何かがうまくいっていないのか?

そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪のない民衆であることだ。

何人もが卑怯にも帝国に暗殺されたのであり、その原因は、彼らが知りすぎたためで、それゆえあらゆる陰謀や偽りに反対したことにある。

このようにして、ニューヨークのツインタワーの崩壊についての全ての真実に蓋をすることができたのだ。

とはいえ、何人もの活動家がこのことを報告してきたし、アメリカ政府と サウジアラビア政府が関与していた、まさに偽旗のテロ攻撃であったことが、はっきりと証明されてもいる。 もしかしてツインタワーの破壊は、2001年9月11日に実行されるよう十分に計算されていたのか?

だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは何かがうまくいっていないのか?

そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪のない民衆であることだ。

ビデオ制作 アルシオン

光の勢力 VS 闇の勢力 レジスタンス・ムーブメント



第3弾 レジスタンス・ムーブメント
https://cobraportaljp.blogspot.com/20...

光の勢力の主要グループの一つが、レジスタンス・ムーブメントです。

彼らの出身は、冥王星よりもはるかに遠いところに軌道を持ち、知的生命体が存在し、1999年に闇の勢力の支配から解放された、惑星Xです。

その時の自由闘士達の多くが惑星Xから地球へ移動し、地球の地下基地に1975年に設立された自由闘士達とも合流しました。

レジスタンス・ムーブメント(RM)の目的はカバールの支配を転覆させることです。

RMは先進的な技術を用いて、地下にいながら惑星地表の活動を監視しています。

RMと合流する前の地球の闘士たちはアガルタ文明とも接触していましたが、カバールの兵隊に追い詰められていました。

特に1996年から1999年の間の状況は非常に劣勢でしたが、惑星Xからの百万単位の増援を得て、形勢逆転が始まりました。

それからは地表の諜報員たちや秘密組織の協力も得て、RMは地下の領土を奪還していき、カバールが人々の血税をそのブラックオペレーションに注ぎ込んでいた、地下の秘密軍事施設が次々と掃討されていきました。

カバールの狙いは、まずこうした地下施設での長期滞在に必要な科学者、学者、医者、看護師、軍隊、建築家、大工などを採用し、地上で核爆弾や生物兵器や飢饉などによる第三次世界大戦を引き起こしてから、地下に避難しようというものでした。

そのような破滅が起これば、世界中が助けを求めてカバールに完全服従し、服従した者には壊滅した文明の再建や医療処置を褒美として与えようとしていたのです。

そのような恐ろしい陰謀はRMによって阻止されました。

そしてRMはホワイトハットと呼ばれるポジティブミリタリーのメンバーと協力し、地下基地を破壊または占拠していきました。


翻訳:NOGI

音楽:Two Steps From Hell-Wild Heart

2018年12月5日水曜日

闇の勢力の対抗組織



第1弾 闇の勢力の対抗組織

光の勢力や至高の愛に完璧に対抗する存在など、普通は考えられません。

創造の歴史の中で、そのようなものはありませんでした。

しかし、かつてソースと霊的な流れに背を向けた、堕天使のリーダーの下でそれは発生してしまいました。

闇は勢力を拡大していき、光の魂たちが闇を封じ込めようと決心しました。

宇宙の中での、これ以上の闇の拡大を防ぐためです。

私の理解では、闇は3つの銀河へ勢力を拡大してきたようです。

天の川銀河、アンドロメダ銀河、そしてもう一つの隣接する銀河。

1000億を越える銀河の中ではほんの僅かな割合ですが、その創造への悪影響は甚大でした。 全ては繋がっており、完全な意識を持った魂にとっては、感覚の垣根が存在しないからです。

この創世記の「エラー」に対し、手軽な解決法というのは存在していません。

邪悪という存在そのものが偶然できてしまったので、つまりはソースそのものでさえも予測できなかったということです。

これが意味するのは、ソースとその意志に従う魂が揃ってこの邪悪という問題に対処しなければならなかったということです。

そして、初期異常もこの問題に根源を持っています。 光の勢力と闇の勢力の戦いは、こうして幕を開けました。

これこそが、全ての戦争の原因です。

(エルヴィス・プレスリー『真実は太陽のようなものだ。
一時的に覆い隠すことは出来るが、消し去ることは出来ない。』)


翻訳:NOGI

音楽:Thomas Bergeren-You Are Light

2018年12月3日月曜日

火星の居住者


〇火星の居住者   

分離した文明の人たちは火星に住んでいました。

それは秘密の宇宙プログラムの一部です。

分離した文明の一部は50~60年代から火星に基地を持ち始め、70~80年代を通じて維持していました。

90年代にはコンゴ侵略時に、ある問題が起きました。

火星上にあるスターゲートを通して、太陽系を越えたところから、レプタリアンが大挙して押し寄せたからです。

90年代後期になると外は危険になり、すべての基地がレジスタンスにより掃討されました。

今世紀1年目のことです。

地下で暮らしていた元々の火星人は非常に友好的でアストラル界と多くはありませんが、物質界の存在もいました。

多くの異なる種類がいたのです。

あるものは光側についていたし、あるものはそうではありませんでした。

こうした存在はすべていなくなりました。

確かにエーテル界にはある生命の存在があります。

天使的な進化過程に則っている存在です。

そしてそこにいた地球人の一部の人たちは地球に帰還しました。

本当のところは、光の勢力から逃げ帰ったのですがね。

光の勢力に捕まった者もいます。

ほとんどが、光側に変わり、プラネットXに連れて行かれました。

太陽系の外に連れて行かれた者もいます。

光側につかなかった者はほんのわずかしかいませんでした。

彼らは再構成化のためにセントラルサンに連れて行かれました。

火星プログラムが今だに進行中だと考えている人がいる様ですが、今は分離した文明は地球の軌道を越えていくことができません。

もうそこにはアクセスできないのです。


翻訳:NOGI

音楽:Two Steps From Hell-Wild Heart

2018年12月2日日曜日

アルシオン・プレヤデス43-緊急特別版(音声付き):ニースのテロ、トルコのクーデター、リオ、ミュンヘン、Brexitの詐欺


編集注: より見やすくなるよう、内容を充実させ、音声を入れて編集し、再公開した新しいドキュメンタリーです。

 今一度、恐怖が猛威を振るっており、その一方で当惑する人々がインパクト-ショックの状態にある…

だが、だが、奇妙にも実に具体的な日に生じる、その陰謀全ての根底にあるのは何か?

はたして既に何人も存在したように、またやはり人々を殺す単独犯なのか、もしそうなら、次第に軍隊化していく監視が存在するはずではないか?

もしかして、ナショナリズムや外人嫌悪-人種間の憎しみを拡大するための、さらなる計略なのか?

というのも、多くの人々が知るように、フランスにはアルジェリアやチュニジア出身の人や、またかつて、もしくは今もフランスの植民地であるその他の国籍の人々が、多くいるからだ。

もしかしてその目的は、その急を要する新世界秩序の土台を築くために、民衆に対して行う新たなコントロールのモデルを形成していくことなのか?

 だが、世界中を当惑させる、拡大するこの途方もないカオスと苦しみに加えて、もしかして、背後には世界経済の避けがたい崩壊を隠す別の密かな動機があるのだろうか、それとも、内戦に至る社会の対立を加速させようとする意図があるのか?

 だがそれだけでなく、人類に対し、企みとひどい邪悪さをもって、何かが準備されているようで、次のブラジルのオリンピックも様々な形で害しようと試みており、ロシアのスポーツ選手達への圧力や、最近のミュンヘンのテロもある。

ビデオ制作 アルシオン